新着情報

Twitterリニューアル

当会Twitter の更新を池田幹事が担当することとなりサイトがリニューアルされました。

迷彩シマウマのイラストは石原ヒロアキ顧問がデザインしたマスコットのレブラ君となります。

URL: https://twitter.com/RBRA_koho

Facebook更新中

当会ブログに掲載されていた、平成24年8月15日 尖閣諸島の魚釣島に登り日の丸を掲げた当会副代表 伊藤祐靖のコラム「人生で4番目」を予備役ブルーリボンの会Facebook フェイスブックにて公開中です。

*「広報 部会さんは伊藤 祐靖さんと魚釣島 - 尖閣諸島にいます。」と表示しますが、現在伊藤祐靖さんは尖閣に行っていません。

*Facebook記事中に掲載されている写真は伊藤祐靖さんが魚釣島から撮影したものです。

この時の出来事を題材にした伊藤祐靖氏の小説「邦人奪還 自衛隊特殊部隊が動くとき」が絶賛発売中です!!

Youtube番組

殲滅から成仏まで~サスマタ和尚の戯言(ざれごと) 

https://www.youtube.com/channel/UCPrqeCO5CGlj9Imyzz1_XTg/videos

「救いますか?それとも見捨てますか?思いを声に、声を力に、そして救出に、拉致被害者救出に自衛隊の活用を‼」

 

出演:吉本正弘 葛城奈海

監修:荒木和博

制作:予備役ブルーリボンの会 広報部会

イラスト:石原ヒロアキ

エンディング:サネヨシ「敷島の大和の国」

今までに行われたシミュレーション、シンポジウム、セミナー等映像集。https://www.youtube.com/channel/UCPrqeCO5CGlj9Imyzz1_XTg/videos

署名
拉致被害者救出への自衛隊活用を求める元自衛隊員・予備自衛官の署名

政府及び国会議員等関係者各位

自衛隊の任務は、「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。」とあります。これを狭義に捉えると「領土保全」ということになりますが、防衛の対象となる国は主権、領土、国民から構成されることは申すまでもありません。また、憲法には「主権が国民に存す」ことを明記しており、国民に対する北朝鮮政府の侵害行為は、主権と国民に対する直接的実力行使に当たり、かつ、我が国領土内での実力行使すなわち侵略に該当するものと考えます。
このような事実が国際的にも確認されているのにも拘らず、自衛隊はこれまで拉致被害者の救出に使われたことがありません。情報収集から邦人保護・輸送までできることは様々あり、拉致問題が国政の最重要課題であるならば自衛隊の活用は当然であると考えます。私たちは政府の決断と関連諸法制の早急な整備を求めます。
平成30年6月16日

署名者(五十音順・平成30年8月2日現在・署名発表後の追加分も含む)


荒木和博(予備陸曹長・技能)
荒谷卓(元陸上自衛隊特殊作戦群初代群長 一等陸佐 )
伊藤祐靖(元海上自衛隊特別警備隊初代先任小隊長 二等海佐)
伊東寛(元陸上自衛隊システム防護隊初代隊長 一等陸佐)

葛城奈海(予備三等陸曹・一般)

吉本正弘(元特殊作戦群副中隊長 予備三等陸佐)

全員を見る…

※署名者は全て元自衛官及び現・元の予備自衛官・即応予備自衛官・予備自衛官補で予備役ブルーリボンの会会員・非会員を問わず募っています。今後も署名は続けます。
※記載されている階級は現役退職時の階級ないし現在予備自衛官としての階級です。
※技能=技能公募予備自衛官 一般=一般公募予備自衛官

署名用紙はこちらをダウンロードして印刷してください。 
外部署名PDF

寄付のお願い
もはや、この日本を変えていく手段はそう多くはありません。共に戦うことはできない。しかし支持をしたいという方は、ぜひご協力をお願いいたします。

  • 加入者名「予備役ブルーリボンの会」
    郵便為替口座「00110-5-762971」
     

  • 代表者 荒木和博
     

  • 宛先 : 予備役ブルーリボンの会 事務局
    住所 : 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-8 第6松屋ビル301号 荒木事務所気付
    メールアドレス : yobiekikoho@gmail.com

amazon

このバナーをクリックもしくは検索をしてアマゾンに行き商品を購入すると当会には紹介手数料が入り、北朝鮮に拉致された日本人救出を目的とする活動資金となります。商品の多くは店舗で購入するよりも安くお得です。
ぜひご協力ください!

予備役ブルーリボンの会
住所 : 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-8 第6松屋ビル301号 荒木事務所気付 携帯電話 090-8517-9601
Copyright (C) 2008-2017 予備役ブルーリボンの会. All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black LinkedIn Icon